流行に惑わされないように

 最近では、ビューティ雑誌やテレビの方でも毛穴の原因は一つじゃないことを挙げるようになってきましたが、数年前までは毛穴=皮脂という考え方でした。

 その為、取り上げられる毛穴ケアも皮脂対策や、それから出来る角栓を取り除くものばかりで潤いを与えるというケアの方法はあまり知られていませんでした。

  しかし毛穴には色々な種類がある、ならばそれに合わせたケアをしなければ意味がありませんし、間違った認識のまま毛穴ケアをすることで肌を傷つけることになります。

  また、毛穴を傷つけない為にもケア用品は肌に優しいものを選ぶようにして、やりすぎないように注意もして頂きたいです。

流行に惑わされないように

 毛穴ケアというと一時期流行したのが、シートを貼って時間を置いてから剥がすというタイプのケア用品です。

 見た目に取れた汚れが解かるということもあり、日を置かずに使用する人も少なくなかったと思います。

  私も過去にそのシートタイプを使用していました。確かに角栓は取れるんです、きれいに。ですが、剥がした後の肌は真っ赤で肌に悪そうと感じていました。そのまま使い続けているうちに、段々と黒ずみが目立つようになってきたんです。

 角栓はちゃんと取っていたのにと不思議に思い美容部員の友達に相談したところ、この黒ずみは角栓が原因ではなくメラニンが原因だと言われました。

 メラニンと言えばシミを作り出すもの、それがどうして毛穴に関係するのか解りませんでした。友達が言うには、角栓を無理に取ることで毛穴自体を傷つけその傷がシミになってしまったとのこと。

 シートで取り除こうとしても、押し出そうとしても結果が変わらなかったのはシミだったからなのか、と納得しました。また、皮脂が気にならないのに毛穴が目立つのは乾燥が原因だとも言われました。

 その後、私は毛穴ケアを角栓除去から美白と保湿に変えたところ毛穴は段々と目立たなくなっていきました

 原因に合ったケアをすればしっかりと効果は出る、ということを実感しました。雑誌に取り上げられるスキンケア方法も、流行のケア用品も、本当に必要なことだけを取り入れることがとても大事なのです。